一棟アパートは5,000万円代

サラリーマン大家として物件を買う際に、それほど重要ではないのが見た目の古さや内外装の汚れです。購入時は汚い物件でもどうせリフォームしますので、いくらでも新しい見た目にすることが可能です。

初期投資をなるべく抑えたい人は「リフォーム代金ももったいない」と考えるかもしれませんが、入居希望者が第一印象で「良い」や「悪い」を判断するのは、内装の綺麗さや設備(洗面、風呂、トイレ、キッチン)の新しさだったりしますので、ここにはなるべくお金をかけた方が良いでしょう。

それでも昔に比べれば設備の一新も含めたリフォーム代金はかなり低価格で可能になっていますので、実際に数社に相見積もりをさせてみると案外低い価格でリフォーム可能だったりもするので、まずは業者に相談してみると良いでしょう。

中古アパート経営で最も重要なことは、なるべくキャッシュを手元に残しておくことです。もし最初から借金まみれで赤字が続くと、リスクが高くて副業で稼ぐことはできません。

現在はかつてないほどの低金利でローンが組めるので、もし銀行に相談して可能であればフルローンを組んでしまっても良いと思います。それでなるべく手元に自己資金としてのキャッシュを残して、それを常に一定額キープするように資金計画を立てておけば、不測の事態が起こっても対応できます。

都内で中古アパートを経営する場合ですが、初めて一棟のアパートを購入する場合はリフォームなども含めた初期投資として5,000万円代で条件の良い物件を入手できれば、ある程度余裕を持った経営が可能です。

古めの物件であれば減価償却率の関係で高い節税効果も得られますし、一定の利益を乗せつつも値頃感のある家賃を設定できれば安定的に家賃収入を得られますので、入手する物件次第でサラリーマンにとっては魅力的な副収入になります。